車 オイル漏れ 修理

車のオイル漏れ・・・車が古くなってきた証拠です

 

車のオイル漏れは洗車もしていない、雨も降っていないのにも関わらず、駐車していた場所にオイルの水たまりができることです。

 

原因は経年劣化によるものなので、年式が新しかったり、走行距離が短い車には滅多に起きません。

 

実は10年以上にのっていたステップワゴンを車検に出した時、「エンジンオイルが漏れいますよ」と指摘されたことがあります。
ただ、量は微量だったため半年ほど放置をしていましたが・・・駐車上にペタペタとオイルがこぼれた跡が目に着くようになりました。

 

「車検の時に、どうして修理をしなかったの?」

 

とあなたは疑問に思うかもしれませんが、修理代が5〜10万円ほどと言われたためです(汗)
オイルは継ぎ足せばなんとかなる、と甘い考えで半年以上、そのまま運転してしまいました。

 

結果、どうしようもなくなって、馴染みの修理工場に見てもらうと「ちょっとひどいね・・・20万円以上はかかりますよ」
と言われ、どうせ古くなった車だし修理するよりも売却をしようと決断しました。

 

下取りは0円・・・諦めかけたそのとき

 

悩む人

 

新型のセレナに乗り換えようと、ディーラーへ試乗へ行ったとき、オイル漏れをしているステップワゴンの下取りの見積りをしてもらいました。
といっても、交渉をする前に「0円」でしたが・・・・

 

新車購入は一旦保留にして、ネットでいろいろ調べると「古くなった車でも買取OK」と言う情報を知りました。

 

買取店は利用をしたことがなかったため、不安でしたが、一括査定サイトを利用すれば無料で見積りがすぐにわかるし、希望をすれば出張査定も可能・・・
となれば依頼しない理由がありません。

 

”裏技”を実践

 

あるサイトに”複数の買取店同士を競わせることも重要で、加えて”一括査定サイト同士も競わせたほうが良い”とあり、最初は意味がわかりませんでした。

 

  1. かんたん車査定ガイド(A店、B店、C店)
  2. カーセンサー(D店、E店)
  3. 楽天オート(F店、G店)

 

実は一括査定サイトは複数あり、各サービスによって”加盟している買取店”が違います。

 

つまり、1サービスだけにお願いをしても、地域や車種によって見積数が少なく、競争規模が小さくなることがよくあります。
たとえばプロ野球の交流戦のように”セ・リーグ”内チームだけでなく、”パ・リーグ”のチームとの試合をすれば盛り上がりますよね?

 

それと同様に、どんどん競ってもらうことで、競争が激化させ、愛車の価格がガツンッをアップさせることができます!

 

私が実際に試したおすすめ!”無料”一括査定サイト

 

オイル漏れを気にする人

 

@かんたん車査定ガイド ⇒ Aカーセンサー ⇒ B楽天オート

 

登録は1つでも3つでも無料です。より競争を激化させたい方は”複数”登録をオススメします。
また、見積額に納得できない場合は、断ったとして費用はかかりませんのでご安心を!

 

あなたの愛車が少しでも高く査定されることを期待しております!

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

カーセンサー

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する総合自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://carsensor.net/

 


 

楽天オート(※完全無料)

 

楽天オート

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天3000ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

 

http://rakuten.co.jp/

 


 

 

 

 

 

車のオイル漏れ修理をするなら、売却したほうがいいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛用の車を廃車にする際に還付されるのが自動車税と言われるものですが、実は車買取に出した場合にも還付されることはあまり知られていません。車を手放す時には、残存分の自動車税は返金してもらうことが可能です。逆に中古車を買う時は、次年度までの期間に合わせて購入者が払う必要が出てきてしまいます。車の買取業者では名義変更などのしごとを代行している業者が多くを占めます。自分で名義変更の手つづきを済ま沿うとすると平日に運輸支局まで出向かなければいけません。しごとで多用だとナカナカ厳しいものがありますが、車の買取業者に頼む場合には、自分は何もしなくていいので、一安心です。車を売ろうとする時に、早々に、お金を受け取りたいなら、即金で自動車を買い取りしてくれる会社をチョイスする必要があります。即金買取の会社だったら、査定を受けて契約が成立した暁には、支払いは直ちに行われます。しかし、そのためには予め必要な書類を用意しておかなくてはいけません。象徴的な軽自動車として有名なスズキのワゴンRは、軽自動車が敬遠されるワケとされていた自由なスペースの少なさを改善しているのが特色です。ワゴンRは、女性だけでなく男性にも使いやすい軽自動車を目さし、窮屈な感じが軽減され、見とおしが良くなっています。車を友人やしり合いに売る場合、しり合いだからと安直に考えるのは捨てるべきです。やるべき手つづきをしていなければ、無駄な出費を支払うことになるかも知れません。大きな問題が後々生じないように名義変更などは大切な手つづきなのでミスなく終わらせておきましょう。。中古車販売店の名義になっていて車に所有権が付いているときはローンの一括返済の必要性があります。こんなときは、ローン残金を新規のローンと合わせて、残りのローンを一括返済すれば、ローン重複にならずに、車下取りをしてもらうことができます。安心で安全な燃費の低い車を望んでいるのならやっぱりトヨタのプリウスがいいと思います。プリウスは十分知られているTOYOTAによる低燃費車です。ハイブリッドタイプの王様とも呼べる車です。プリウスは外観の美しさも一つの特質です。人間工学や空気抵抗の流れを測ってデザインされているため、すすめたいものです。日産のノートには大量に驚くべき特質があります。詳しく言えば、コンパクトカーでありながら、広々とした室内空間を成し遂げています。しかも、排気量1.2Lに対して1.5Lレベルのパワーと走行性機能があり、オイル漏れの修理はなく抜群の燃費効率が自慢です。高品質なインテリアやアラウンドビューモニターなど、トータルでワンランク上だと言いきれます。中古の車を売却するにあたっては、自らの車がどのくらいの価格で売れるのか気にかかります。自身の車に、マーケットにおいてどれほどの価値があるのか知る一番良い方法は一括したインターネット査定を受けることです。多彩な車の買取業者により査定を受けることが可能なので、車の相場がどれほどか、把握することが可能です。インターネットで気軽に申請できて申し込み完了までの手つづきも簡単で便利です。自動車を取引する場合、さまざまな出費が付随することに留意しておきましょう。車の買取を業者に依頼した際でも、手数料を払う必要があります。業者と打ち合わせる段階の時に、車本体の買取金額以外に、幾らの手数料がかかるのかも事前に知っておくことが大切です。車買取してもらう場合に査定額を高くしようと車検が切れている、車をわざわざ車検にとおす方も多いです。買取、査定の場合、自社工場で車検をとおしているところが多いため、上がった査定の金額より良かれと思って、自分でとおした車検代の方がかかるのです。ですので、車検が間近となった場合でも、とりあえず、買取、査定をそのまま受けた方が良いのです。車を売りたいと思うなら、できるだけ高い値段で買い取りを希望するのが人情ですよね。でも、それには、複数の業者に査定額を相場表を作って比べましょう。買い取ってもらう車の価格というのは、査定する業者次第でまあまあ、違ってきます。相場表を製作するときは、車の一括査定が可能なサイトを利用するのが便利です。マイカーを売る際、オイル漏れの修理が心配でした。私的に、純正のエアロパーツに好みのものがなかったので、社外パーツを備え付けてしまったため、査定額のダウンは腹をくくっていました。でも、何個ものの業者に査定をお願いしたら、オイル漏れがあってもよい評価をしてくれたところもあって、申し分ない査定額を見積もらせて貰えました。車を購入する時にはディーラーに車を下取りを頼むのも多いのですが、その場合に下取り車と供にスタッドレスタイヤを買取は頼めるのでしょうか。実際、ディーラーによって対応の違いはまあまあ、差があり、高額で買い取ってくれることや処分引取りで値がつかない場合もあるので、事前に確認することが必要です。車買取の順序は大まかにはこういう通りになります。まずは申し込みをしていきます。お電話での申し込み、または直接来店して依頼する方法、インターネットを介して申し込みする方法もあります。申し込み終了後、査定が初まります。査定担当者が車の現状などから買い取る額を割り出し、その額に納得がいけば成約しましょう。以上が車買取の流れです。